神田 まつや(そばや)×竹むら(甘味処)
0
     平日の夕方6時過ぎに到着したのにすでにお店は満員状態・・・。
    しばし待っていたところ、後ろからタクシーで颯爽と登場されたご婦人が〜
    まさか!とおもっていたら、このおそば屋さんでお食事するために来られた様子。
    ものすごい期待感のボルテージがマックスしてしまいました!!

    神田 まつや入り口

    お店のたたずまいはとっても懐かしい感じです。
    お店の中は心地よい活気で溢れていました。とても忙しいそうなのに、慌ただしさを感じさせない熟練されたお姉様方にも感動しながらお目当ての「ごま蕎麦」をいただきました。


    神田 まつや ごま蕎麦

    なんというのどごしのいい蕎麦。ちょっと濃いめのごまだれをちょいとつけていただくのがやはり江戸っ子風。 お姉様にお勧めされた「親子煮」もふんわりとした卵とぷりぷりした鶏肉でとても美味しい。次回は「親子丼」も食べてみたいかも・・と思いつつ舌鼓〜。ついつい美味しくて、「そばがき」も追加してしまいました・・。
    この「そばがき」とってももっちりしていてこれまた美味しい。今まで食べた「そばがき」ってなんなのーっていうくらい!! 絶対「そばがき」も食べてもらいたい。


    竹むら

    ・・・でここで終わるか〜と思いきや、やっぱり食後は甘味でしょーということで今度は「竹むら」へ。夜8時までやっているとのことでとってもありがたいお店。
    こちらでは、「あげまんじゅう」を頂くことに。

    あげまんじゅう


    ウェルカムティーが「桜茶」・・・とっても嬉しい。私が「桜茶」を始めて頂いたのはおばあちゃんのところへ結婚の報告をしに行ったとき。そんなことをぼんやり思い出していたら、ほかほかのあげまんじゅうの登場〜
    外がカリカリで中のあんこが程よい甘さ・・。先に蕎麦を食べていなかったら、2つは軽く完食してしまいそうでしたが、1つはお土産に。お店の方も親切で二つ返事でお土産用にすぐに包んでくれました。
    そうそう、こちらのお店も趣があるなぁーと思っていたら、「都選定歴史的建造物」http://www.ee-tokyo.com/kenzoubutsu/kenzoubutsu.htmlに指定されていておりました。
    ・・と思ったら、「まつや」さんも〜

    歴史と美味しいモノを味わう二度美味しい〜ってやつだったんですね。
    posted by: woopee | グルメ情報 | 18:36 | comments(0) | - | - |