2015年1月 上野・湯島・周辺イベント情報
0
    JUGEMテーマ:東京散歩
    あけおめイメージ
     
    2014年もあとわずか・・・。
    年が明けてからではもったいない、いろんなイベントを今からご報告〜
    来年もより豊かな生活が送れるようなご近所情報を発信していきたいと思います。
    だってこんなに近くにあるんだもの・・。もったいないですよね。
    もちろん、ご近所でない方も是非お近くにお寄りの際には、行ってみてください。

    湯島天神

    【神符授与時間】
    12/31 08:30〜21:00
    1/1 00:00〜21:00 (00:00〜02:00、11:00〜16:00)
    1/2 07:00〜21:00 (11:00〜16:00)
    1/3 07:00〜21:00 (13:00〜16:00)
    1/4〜1/7 07:00〜20:00

    【御祈願(ご祈祷)】合格祈願祭等その他の御祈祷祭(家内安全・厄除・開運・等)
    1/1 00:00〜19:00
    1/2〜 08:00〜18:00
    1/6 08:00〜18:00
    1/7 08:00〜17:00
    1/8〜 09:00〜17:00


    神田明神

    【遷座400年記念 資料館特別展】
    「大江戸・神田祭〜神田祭の博物誌〜」展を平成27年1月1日より開催
    【神楽始】
    平成27年1月20日 午後3時〜
    <神田明神でしか見ることができない江戸の神楽>
    【寒中禊がまん会】
    平成27年1月10日(土) 午前10時〜
    <新成人が冷水を浴び、身を清める行事>
    【四條流庖丁儀式】
    平成27年1月11日(日)正午
    <江戸の伝統息づく儀式>
    http://www.kandamyoujin.or.jp/index.html


    旧岩崎邸庭園

    「旧岩崎邸の華〜和洋の花に彩られた邸宅で過ごすお正月」
    【開催日時】
    2015年1月2日(金)、3日(土)、4日(日)
    【場 所】旧岩崎邸庭園
    【入 園 料】一般 400円 65歳以上 200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
    【お問合せ】
    旧岩崎邸庭園サービスセンター TEL:03-3823-8340
    <内容>
    ■午後のミニコンサート
    内容/(1)2日 尺八・箏の演奏
    <出演>尺八:黒田鈴尊
    箏:寺井結子
    (2)3日 コントラバス・ピアノの演奏
    <出演>コントラバス:本山耀佑
    ピアノ:木邨清華
    定員/各回100名
    ※避難経路確保のため、立ち見はご遠慮いただいております。
    参加費/無料(入園料別途)
    ※館内は重要文化財のため、暖房などはないとのことなので温かい恰好で行った方がよさそうです。
    また、スリッパ等もないのでこちらも、「マイスリッパ」を持っていきましょう!!

    ■撞球室特別公開
    平成25年夏に修復工事を完了した撞球室の中に入り、
    金唐革紙の壁紙や照明器具等を間近にご覧いただけます。

    日時/2015年1月4日(日) 9:00〜11:00
    場所/撞球室
    参加費/無料(入園料別途)
    参加方法/当日自由参加]]■生花展示〜新春を迎えて〜
    館内各所を生花で飾り、往時の華やかな生活ぶりを感じていただきます。

    日時/2015年1月2日(金)〜4日(日) 9:00〜17:00
    場所/洋館・和館内
    参加費/無料(入園料別途)
    参加方法/当日自由見学
    協力/フラワーデザイナー 小幡昌広氏
    花ふじフラワースクール


    ワテラスマルシェ

    水と緑をテーマにしたワテラスで昨年からスタート
    開催日     1/9(金)11:00〜19:00,18(日)10:00〜17:00
    場所:淡路公園 ワテラス広場
    地方の隠れた逸品が集まります。
    2015年2月からは第2金曜・第4日曜開催するとのことです。

    地方のまだ知られていないモノなどの紹介など、食を中心とした地域物産展だそうです。
    直接生産者から買うことができます!!
    新しい発見を見つけに行ってみたい方は是非〜
    http://waterrasmarche.com/

    国立科学博物館

    「ヨシモトコレクションの世界」
    開催日     2014年 10月15日(水)〜2015年 1月18日(日) 9:00〜17:00まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    ※毎週金曜日は20時まで延長開館
    国立科学博物館(東京・上野)日本館1階中央ホール、企画展示室
    一般・大学生:620円
    高校生以下・65歳以上:無料

    大 型哺乳類の剥製およそ400点からなる「ヨシモトコレクション」。国立科学博物館の常設展地球館3階や1階で多くの来館者を惹きつけています。このコレク ションを築いた「ヨシモトさん」とはいったいいかなる人物なのでしょう。没後10年にあたって、ハワイで日系二世の実業家として大成功を収めたワトソン T.ヨシモト氏の生涯と、コレクションを構築した経緯について氏の残した標本・映像・写真を紹介するとともに、国立科学博物館によりコレクションの調査研 究成果をあわせて展示します。

    「よしもと」と聞くとお笑いの??と思ってしまった私・・。
    すみません、とんでもないおじさんがいらしたのですね。標本も興味あるのですが、私はこのヨシモトさんにもとっても興味が湧きました!
    http://www.kahaku.go.jp/event/2014/10yoshimoto/

    進撃の巨人展

    上野の森美術館にて  
    1/25まで
    コミック累計発行部数4000万部を超える漫画「進撃の巨人」。海外でも翻訳版が人気を集めるなど、日本のみならず世界中に衝撃を与えつづける同作品は、アニメやゲームはもちろん、映画やCM、多数の企業とのコラボレーション企画などあらゆるメディアに広がりを見せ、その勢いはとどまるところを知りません。今や日本で最も読まれている漫画と言っても過言ではない「進撃の巨人」。その魅力は、作者・諫山創の描き出す物語世界にあります。人類を捕食する謎多き「巨人」という存在、巨人の侵入を阻む高い「壁」に囲まれた街、巨人に対抗するために開発された「立体機動装置」。原画の展示はもちろん、本物の「巨人」かのような立体造形、音や衝撃を駆使した大型映像、最新の映像技術による立体映像体験など、原作から生まれた平面世界にとどまらない迫力を、ぜひ全身でご堪能ください。

    2015年には、後篇のアニメ、そして実写映画と期待感たっぷりの進撃の巨人。
    私も「立体機動装置」試してみたい・・あっ、でも体重制限とかあるのかな??・・・汗
    http://www.kyojinten.jp/

    森鴎外記念館

    コレクション展「鴎外之印(おうがいのしるし)―鴎外の捺した十六顆―」
    会期:2014年11月29日(土)〜2015年1月25日(日)
    休館日12月24日(水)、12月29日(月)〜1月3日(土)
    開館時間:10時〜18時(最終入館は17時30分)
    観覧料:一般300円(20名以上の団体:240円)
    http://moriogai-kinenkan.jp/

    弥生美術館

    小田富弥 「怪剣士・丹下左膳あらわる!」
    2015年01月03日 〜 2015年03月29日
    1月12日(月・祝)は開館、 1月13日(火)は閉館

    大正末から昭和初期にかけ大衆文学の開花とともに、時代小説の挿絵に新境地を拓いた小田富弥(1895〜1990)。林不忘「新版大岡政談」では、隻眼隻手のニヒルなヒーロー・丹下左膳を描き出し、また、時代小説の新しいジャンルとして生まれた「股旅もの」では、それまでなかった渡世人のイメージを具体的に描くことに成功しました。縞の合羽に三度笠スタイルは世間から阻害され、各地を流れ歩く一匹狼のヒーロー・孤独な渡世人=アウトローの義理人情という世界を、富弥は軽妙かつ躍動感あふれる毛筆で描きました。17歳で日本画家・北野恒富に入門して研鑽を重ね、江戸の浮世絵師・歌川国芳からの流れを受け継いだ富弥は、中一弥・木俣清史・野口昴明ら多くの門下生を育てています。本展では、時代小説全盛期を飾り、群を抜く卓越した筆さばきで多くの時代小説を彩った富弥の軌跡を紹介します。

    なんか、時代劇とはいえかっちょええー 日本画家〜という概念をふり捨てて見に行ってみたいです!!

    http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/


    来年も是非氏神様にご挨拶をして、すがすがしい気持ちで暮らしていきたいと思っています!!
    来年もご近所探索しますのでお楽しみに〜♪
    posted by: woopee | 文化 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.fortune-field.jp/trackback/13
    トラックバック