湯島天神祭り×モノマチ2K540の巻
0
    JUGEMテーマ:東京散歩
     

    今月最後のお祭りは切通坂のおとなり、湯島天神祭です。

    今週もすっかりお祭り日和といいましょうか、街歩きにはぴったりな陽気でありがたいですー

     

    早速湯島天神の天神様にまずはご挨拶〜

    挨拶をしていると、なにやら太鼓の鳴る音が・・

    おお〜かわいらしい子供たちも参加しての華麗な太鼓が披露されていました。

    湯島天神白梅太鼓

    今回の見所はなんといっても、「縁日の屋台」ですね。

    きっと昔はどこもかるーくこれくらいの屋台は出ていたはずなのに、最近めっきり減って寂しい感じがある今日このごろですが、湯島天神祭の縁日の屋台はかなり充実しております。しかも、時間も時間だったのか、梅の木をながめながら、たこ焼きやら、焼きそばやら、お祭り客も結構ロケーションも楽しめながらおいしそうにほうばっております・・(うー買い食いしたい・・・笑)


    湯島天神祭り


    ともかく、みるだけでも楽しい縁日を横目に見ながら、肝心の御神輿は〜と街の中をさまよっていましたら、あれれ、ちょうど休憩タイムらしく、チャーーンス!!とばかり、御神輿の接写に大成功!!

    普段はなかなかそばでみれない御神輿を3つもお目にかかれて本当光栄でした。

    よーくみると、それぞれ当たり前ですが、どれ一つとして同じものがないんですね・・。

    四方に鳥居がめぐらされ、大黒様らしきものが彫られたものや、金細工が細かく施されたもの、菅原の道真様らしき彫り物がされているものなどうーん、御神輿・・奥が深いです・・。

     湯島町内会の御神輿

    また、前回の三社祭でもそうでしたが、会社の倉庫や、個人商店の店先など、このときばかりは、街のいたるところに祭壇がまつられて、お酒や食べ物が食べれる昔ながらのコミュニケーションがとれるのもこれぞ下町のお祭り〜って感じで素敵です。

    もちろん個人のお宅でもあちらこちらで人が集まり、ワイワイとお酒を飲んでお祭りを楽しんでいて、本当に街全体がお祭りを楽しんでいる感があります。

    (ちなみに都内でもほかのところでは一部御神輿はだしても、なかなかお店などが少なくなり、町内会みたいなものもあんまりコミュニケーションが薄くなって残念なところも見かけます)

     

    さて、昔ながらのお祭りから今度はこのところ「ものつくり」で街の活性化をはかる試みをしている「モノマチ」に移動しますー

     

    御徒町の駅から秋葉原に渡るの高架を利用した、モノマチの「2K540」に今回はちぇーーっく!!


    2k540 モノマチ2013の様子

    2K540とは、秋葉原から御徒町までの間に位置する職人の街ということで、東京駅から2k 540mから名付けられたとか。

    今回は、そのカチクラが24日〜26日まで開催されていて2k540はその中の一部。ほかにも浅草橋方面などなど台東区を舞台にものづくりの街歩きをテーマにたくさんの企業や団体が参加したイベントです。

    ま、簡単にいえば「もの作り祭り」とでもいいましょうか・・

    ともかく、こちらもたくさんの人がいろいろ体験したり、見たりして楽しんでいます。普段は工房の中でものづくりに励んでいる作家さんや、職人さんもこのイベントでは一般のお客さんとの交流をしたり、実際に手作り体験ができるお店が何軒も・・。

    うーーーん、これはもう少し事前にお勉強してよくタイムスケジュールをチェックしていくべきでした・・。こちらは一日がかりで楽しめるイベントだったんですね。

    ちなみに、今回のモノマチを逃した方には朗報です。

    7/27282k540では「夏祭り」があるそうです。

    うー私もまた行きたいかも・・。

    ・・ということで今回もお祭り三昧な一日となりました・・・

    湯島天神祭り
    モノマチ
    2k540
    posted by: woopee | 文化 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.fortune-field.jp/trackback/6
    トラックバック